くす太のフォトップエム〜写真と拙い言葉たち〜

写真からイメージされる詩の記録

光り輝くか、光に当てられるか

 

自分で光る星を恒星といい

 

恒星の光を浴びる星もある

 

 

人の世の中にも同じようなことがある

 

自らが輝き

 

企業であれば社長になり

 

芸能界ならばタレントに

 

俳優なら主役に

 

こんな感じで自らが光る人がいる

 

逆に

 

光り輝く人の近くにいる人たちは

 

自らは光らないが

 

光に当てられて

 

その人自身も光っているようになる

 

 

でも

 

それは光ってはいない

 

自ら光り輝く人から離れると

 

見えなくなってしまう

 

本当はみんなが光っているけれど

 

夜の空と同じで

 

周囲が明るいと見えない

 

 

君はどっちを選ぶ?

 

光り輝くか、光に当てられるか

 

f:id:kusutanet:20171128212153j:image

秋晴れの空に浮かぶ雲

 

秋晴れの午後

 

空気は冷たいけれど

 

公園遊びは出来そう

 

暖をとった格好で公園へ

 

f:id:kusutanet:20171126174534j:image

 

空気が澄んでいるからか

 

雲もきれいに感じる

 

f:id:kusutanet:20171126174549j:image

 

カメラのピントを太陽に合わせると

 

少し暗がりに映る

 

f:id:kusutanet:20171126174554j:image

 

滑り台から覗く空

 

f:id:kusutanet:20171126174603j:image

 

遊具の隙間から見える空

 

そのどれもが気分を洗ってくれる

 

 

そんな空に浮かぶ雲

 

ハート雲

f:id:kusutanet:20171126174611j:image

 

こんな雲もあるんだな

 

と思っていると

 

ブレイクハートした雲

f:id:kusutanet:20171126174616j:image

 

本当にいろんな雲があるなぁ

 

刻一刻と変化する雲

 

生き物の変化は雲ほど早くない

 

でも

 

一つの出会いや出来事が

 

人を瞬時に変化させる

 

そんなことを感じた休日の公園

 

f:id:kusutanet:20171126174622j:image

世界は変わる、君はどうする?

 

空を眺めてみると

 

雲が流れている

 

早く流れる日もあれば

 

遅く流れる日もある

 

雲がない日は違うけれど

 

雲がある日は

 

早い遅いの違いだけで

 

雲が流れない日はない

 

f:id:kusutanet:20171124231240j:image

 

時代も世界も

 

同じこと

 

変わらないなんてことはない

 

今は特に変わる瞬間

 

 

そんな瞬間にわたしたちは立っている

 

気付こうが

 

気付かまいが

 

お構いなしに変わる

 

 

そんな時に君はどうする?

 

柔軟に考えなければ

 

あっという間に変化する

 

自分はどう生きるか

 

 

世界は変わる、君はどうする?

 

f:id:kusutanet:20171124231254j:image 

三日坊主はやめたいな

 

秋が深まり、空気が冷たくなってきた

 

太陽が空から顔を出し

 

日が差す時は暖かい

 

一転

 

雲が主役になると寒さに身が縮む

 

そんな季節

 

 

運動が億劫にはなるけれど

 

体は動かさないと動きが鈍くなる

 

それは年齢にもよるけれど

 

歳を重ねると一層勢いを増す

 

 

人はなかなか変われない

 

多くの自己啓発本が物語っている

 

本当に人が変われるのなら

 

ベストセラーの自己啓発本で

 

世の中には成功者ばかりになる

 

鏡と世の中を眺めてみると

 

成功者はそんなに多くない

 

簡単には変われないのだ

 

 

でも

 

変わろうとしなければ変われない

 

だから行動する

 

人はもがく

 

もがいてもがいて

 

変わる

 

ということで

 

今日からジョギング

 

三日坊主はやめたいな

 

f:id:kusutanet:20171111174643j:image

まずは自分が行動しよう

 

昨晩の交流会で感じたこと

 

境遇や待遇は人それぞれ

 

受け入れられるか

 

受け入れられないか

 

 

受け入れられないなら

 

どうするか

 

待っていても何も

 

変わらない

 

 

誰かのせいにしても

 

周りのせいにしても

 

環境のせいにしても

 

何も変わらない

 

 

子どもなら仕方がない部分はあるけれど

 

働く力を持った人には選択肢がある

 

どうするか自分次第

 

どう動くかも自分次第

 

 

違う環境に行くか

 

その場で意思を発信し

 

自ら行動するか

 

 

あーだこーだと言っても変わらない

 

変わっても絶対に評価はされない

 

そのままでいいの

 

良くない

 

 

変わるなら

 

変えたいなら

 

やることは一つ

 

 

まずは自分が行動しよう

 

 

f:id:kusutanet:20171018101712j:image

どんな色にだって塗り替えられる

 

黒一面のキャンバス

 

 

普通は白いキャンバス

 

でも色は塗り重ねていくと

 

最後には黒になる

 

だから初めから黒一面でもいいと思う

 

 

でも

 

黒も乾いてしまうと

 

違う色を塗れる

 

白でも赤でも青でも

 

全然違う色にしても

 

混ぜすぎると

 

また黒になる

 

これもまた繰り返し

 

 

なにが言いたいかというと

 

やり直しは出来るということ

 

やり直したいと思えば

 

やり直せる

 

いくらでも後から修正出来る

 

一度の結果が全てじゃない

 

失敗はダメじゃない

 

成功する為に必要なこと

 

大事なのは失敗と位置付けないこと

 

成功の反対は失敗ではない

 

諦めることが成功の反対

 

だから諦めない

 

だって

 

絵画のキャンバスと同じ

 

人生は

 

どんな色にだって塗り替えられる

 

f:id:kusutanet:20171018094302j:image

回り回ってを繰り返す

 

雨はなぜ降るか

 

 

いろんなことが

 

関わっているんだろうけど

 

海の水が蒸発して水蒸気に

 

水蒸気が上へ上へと登っていき

 

上で集まって雲となる

 

雲の水蒸気がいっぱいになると

 

水分が耐えきれなくて

 

雨になって落ちていく

 

こんな繰り返し

 

回り回ってを繰り返す

 

 

これって

 

経済と同じじゃないか

 

 

価値を生み出し

 

生み出した価値の対価に

 

他のものを手に入れる

 

これは相手も同じ

 

 

たまごが先か

 

ニワトリが先か

 

こんな議論は置いといて

 

 

全ては

 

回り回ってを繰り返す

 

f:id:kusutanet:20171014223831j:image