くす太のフォトップエム〜写真と拙い言葉たち〜

写真からイメージされる詩の記録

自分の時間を大切に

 

食事会の帰り

 

会社の集まり

 

電車の中で虚無感に襲われる

 

 

この時間は何だったのか

 

生産性も

 

爽快感も

 

何もない

 

 

時間というのは有限

 

全ての人に等しいもの

 

それが最近のトレンド

 

 

有限なのに浪費していく

 

こんな時間の使い方は良くない

 

 

見方を変えて

 

有意義なものに

 

変えられるかもしれないけれど

 

望んだ時間の使い方じゃあない

 

 

周りに合わせて生きるのも

 

指示に従い生きるのも

 

本当に有意義なのか

 

 

自問自答の末に訪れる答え

 

 

自分の時間を大切に

 

f:id:kusutanet:20170929192056j:image