くす太のフォトップエム〜写真と拙い言葉たち〜

写真からイメージされる詩の記録

どんな色にだって塗り替えられる

 

黒一面のキャンバス

 

 

普通は白いキャンバス

 

でも色は塗り重ねていくと

 

最後には黒になる

 

だから初めから黒一面でもいいと思う

 

 

でも

 

黒も乾いてしまうと

 

違う色を塗れる

 

白でも赤でも青でも

 

全然違う色にしても

 

混ぜすぎると

 

また黒になる

 

これもまた繰り返し

 

 

なにが言いたいかというと

 

やり直しは出来るということ

 

やり直したいと思えば

 

やり直せる

 

いくらでも後から修正出来る

 

一度の結果が全てじゃない

 

失敗はダメじゃない

 

成功する為に必要なこと

 

大事なのは失敗と位置付けないこと

 

成功の反対は失敗ではない

 

諦めることが成功の反対

 

だから諦めない

 

だって

 

絵画のキャンバスと同じ

 

人生は

 

どんな色にだって塗り替えられる

 

f:id:kusutanet:20171018094302j:image